浮気の事実を突き止められると

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても結婚生活を解消したくないのなら浮気現場を押さえようとすることはやらないほうが無難です。

浮気の事実を突き止められると相手が逆ギレしてしまって、別れなければいけなくなってしまうこともありえます。
しかも、浮気相手に直接関わった結果、大きなストレスになってしまうのです。
不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまでになることもあります。
離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は低くなるのです。
また、不倫相手の方が不倫を認めない時には証拠が必要になります。
第三者からみても明白な不倫の証拠を用意しなくてはいけません。
パートナーの浮気リサーチを調査員に行ってもらう場合、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を前もって協議します。
1時間で1万円以上もの費用がかかるので、浮気調査を行った期間が長期にわたれば支払う費用も高くなるのです。
興信所などによって、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。
配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、高料金に設定されている事務所ではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、追加の調査料を払わなくて済むような探偵会社を選択するのが良いでしょう。
また、探偵業の許可を取得しているのか事前に調べておくべきです。
違法に調査を実施している業者へは依頼しない方が得策です。
不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談することをオススメします。
離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談しましょう。
もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵事務所や興信所に相談してください。
女性の場合、近所の奥さまや知人などに相談してしまう方もいますが、近所の噂のタネになりたくない時は、絶対にやってはいけません。
レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をおさえる事もできる可能性があります。
まず、普段は入らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見ることが多くなったら、その周辺に習慣的に何度も行っていることになるのです。
その場所で監視していると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。
探偵が使うという追跡グッズとは 自分でも買えるのかと言われたら、買うことができるのです。
追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用することが多いです。
でも、誰でもネットなどで買えます。
車に載せるGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、誰でも当然購入できます。
浮気の調査を探偵に任せ、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。
心から信用のできない人間とこの先の長い時間を一緒に過ごすことはかなりの精神的な負担になりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。
また、配偶者の不倫相手に慰謝料の請求をしておけば確実に別れさせることもできるはずです。
もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。
ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。
慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、歳や婚姻年数などいろいろな事を鑑みて裁判所に委ねることとなります。
探偵は依頼されたことのみを調査すればいいということではありません。
浮気の事実があるのか調査していると、トラブルが発生する可能性があります。
そういう時には、依頼した人のことを最優先に考えてくれるのが信用していい探偵と言うものです。